同時廃止と少額管財


お札自己破産を弁護士に依頼してからの流れは大きく二つに分けることが出来ます。一つは同時廃止の場合。もう一つは少額管財の場合です。同時廃止とは、自己破産をする方に33万円以上の現金や、20万以上の価値になる資産を所持していない場合、かつ免責事項に関しても破産管財人が調査する必要もない場合に破産手続きの開始と同時に破産手続きを終了し、すぐに免責手続きに移るという簡単な手続きです。こちらの場合は申し立てから3~4か月で手続きが完了するので、速やかに後の生活の立て直しなどに気持ちを集中する事が出来ます。次に少額管財とは、同時廃止とは正反対のもので、現金や資産、免責不許可事由があった場合に破産管財人がそれらの有無を調査しなくてはならないという手続きです。こちらの場合ですと期間は6ヶ月ほどかかってしまう為同時廃止に比べて自己破産完了までの手続きに時間がかかることになります。

このように基本的には財産があったり、何らかの免責不許可事由がある場合には手続きが難しい物となります。また、少額管財ですと管財人との面接をしなくてはならず、もしもこの面接で虚偽の申告をした場合には面積が許可されず、借金が全額免除とならない可能性も出てきますのでかならず正直に答えるようにしましょう。